04 月<< 2017年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懇談会&元気サミットを開催しました。

 8月21日(土)18:00~、イーグレ姫路・セミナーAにおいて、第2回姫路おやじネットワーク懇談会&おやじ元気サミットin姫路を開催しました。

 プログラムはこちら↓  クリックで拡大してご覧ください。
   プログラム①    プログラム②

  元気1

元気2-1
 姫路市内外から70名の方が集まり、姫路おやじネットワークの尾上世話人代表の開会挨拶でスタート。
※サムネイルサイズの写真は、クリックで拡大してご覧になれます。

 この日、講師としてお迎えしたのは、 香川県のさぬきおやじ連合代表の早谷川悟(はせがわさとる)氏。
 平成15年に記念すべき第1回の全国おやじサミットを地元香川で開催され、その後も今日に至るまで様々な活動を展開されているおやじです。
元気講師1

 「おやじのつながり」というタイトルで、所属される栗林おやじ塾の活動やさぬきおやじ連合としての活動、そして全国おやじサミットを開催された経験談等々、大変興味深い内容をパワーポイントで細かくご説明いただき、地域で、そして全国でつながっていくことの大切さを語っていただきました。


 続いての「おやじ元気トーク」のコーナーでは

 この度、おやじ元気仕掛け人に任命された

   赤壁輝彰 心のげんこちの会(明石市魚住)
   小恭弘 特定非営利活動法人
           ファザーリング・ジャパン理事
        神戸常盤大学短期大学部准教授
   濱田国彦 浜友会(加古川市浜の宮地区)
   藤田和昌 兵庫教育大学三校園「おやじの会」(加東市)
   吉野雅文 灯足の会(播磨町)
   黒田賢治 網干おやじ塾(姫路市網干)

の6名と、講演いただいた早谷川さんにもコメンテーターとして前に並んでいただき、冒頭に進行役の黒田よりこれまでの兵庫県や姫路での取り組みの経緯と、ひょうごおやじネットワークとして今年度取り組む予定としている「おやじ元気プロジェクト」の内容について説明等を行なった後、会場と一体となったフリートークを展開。

 元気5

 元気6 元気7 元気8

 元気7 元気11 元気12

 短い時間ではありましたが、
 会場からは、各団体の活動内容等の報告や、それぞれにおける人員確保、あるいは中心的な役割を担う人材の確保・育成についての質問や経験について活発なやりとりが行われました。

 PTAや学校と一体となったおやじの会組織
 それらの枠を超えた立場での組織

 元気13 元気14 元気15
 
 子どもの為の事業を中心として活動する組織
 おやじ優先時々子ども・・・といったバランスの活動をする組織

 元気16 元気17 元気18


 いろいろな形があるのがおやじの会のいいところ

 キーワードは「おやじ自身が楽しい」と感じながら、家庭や地域の中で輝けること。
 そんな「おやじの背中」を見せ続けられるように頑張っていくこと。


 早谷川さんの助言、そして仕掛け人を代表した小崎さんの総括において、「おやじがつながること」、「緩やかなネットワークの必要性」が訴えられ、来年2月の全国おやじサミットin兵庫の成功を目指してそれぞれができることを着実に、かつ楽しみながら取り組んでいくことを確認することができ、有意義な取り組みとなりました。


P.S.
 当日サンテレビが取材の取材がありました。
元気19
 予定では、8月29日(日)の12時からの番組で、また再放送は8月30日(月)18時30分からの番組の中で放送される予定ですので、是非是非ご覧下さい。
 

 


スポンサーサイト

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

姫路おやじ

Author:姫路おやじ
私達は、2009年1月25日、網干市民センターにおいて開催された第1回姫路おやじサミットにおいて設立を宣言しました。

 

姫路おやじネットワーク宣言

 
 

平成23年度各団体活動計画

このコーナーは、今年度の各団体の活動計画を掲載しておりますので、情報共有、相互支援等にご活用下さい。

 
 
 
 
 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。